アートフラールでは、美術品・絵画の買取をしています。美術品・絵画の売却はアートフラールへ!

お問い合わせ / 買い取りフォーム LINEでのお問い合わせ

アートフラールでは、美術品・絵画の買取をしています。美術品・絵画の売却はアートフラールへ!

アートフラールでは、美術品・絵画の買取をしています。美術品・絵画の売却はアートフラールへ!

2021/05/28

作品の保存(保管)について③

紫外線

前回及び前々回で、作品のカビやシミ、波打ちなどの症状の原因と考えられる

「水分(湿度)」

について記載しました。

 

今回は、作品(油彩、水彩、版画等)の

褪色や変色に影響を与えると言われる

光(紫外線)について述べたいと思います。

(*写真の彩度を変換して意図的に作った「褪色」です)

作品を飾っていると、

①白い余白の部分が陽焼けしたり、

②色が薄く(褪色)なったり

することがあります。

 

これらに紫外線が影響していると言われています。

窓際で光が長時間当たる所は論外ですが、

直射日光が当たらない所でも

長い年月が経てば、

多少は影響を受けるのは仕方ないかもしれません。

(*家具を動かしたら、その下の畳やフローリング材の色が鮮明だった事ありませんか?)

 

ただ、これらの自然光とは別に

照明器具が影響することはご存じでしょうか・・・?

(*意図的に作った褪色のイメージです。)

10年以上前の話ですが、

取引先に、ある作品(リトグラフ)を

1っカ月ほど貸出した後に返却いただいた時に、

一目でわかるぐらい

色が薄く(褪色)なっていたことがありました。

 

私:「何処に飾っていたんですか?」

相手:「完全屋内の事務所兼作業場です。」

 

詳しく聞くと、

蛍光灯ランプが無数にあり、

尚且つ長時間点灯している場所でした。

(*意図的に作った褪色のイメージです。)

これは、たまたま極端な環境だったのに加え、

その作品に使われていた

インクの耐光性が弱かったのが

大きな原因だと思います。

 

ただ、

蛍光灯やハロゲンランプ

(*種類によって強弱はあります)

は紫外線が出ていることは

頭に入れておいた方が良いと思います。

 

しかし、最近普及しています

照明用LEDは

紫外線を出していません

そのため、

可能でしたら、

LEDランプをお勧めいたします。

 

作品の褪色の大きな原因は

使われているインクが主な原因ですが、

このように

光(紫外線)も関係していると言われています。

 

そして、ガラスよりもアクリルガラスの方が紫外線をカットできます。

また、

まだまだ高額ですが、

美術館やコレクター向けに

恒久紫外線カット低反射アクリルガラスも出てきています。

 

気になる方は、

費用が多少かかりますが、

可能でしたらお勧めいたします。

 

アートフラールでは、美術品・絵画の買取をしております。

見積もり、査定無料!

御気軽にお声がけください。

 

*恒久紫外線カット低反射アクリルガラス:

一般的に言われている「紫外線カットアクリル」は紫外線カットの液体を表面に噴霧しただけのため、

ある一定期間過ぎると普通のアクリルガラスになります(*表面を拭くことは避けた方が良いです。)。

これに対し、恒久的(長期的)に紫外線カット効果があり、尚且つ、ガラス表面への映り込みがかなり軽減されています。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。