名和晃平作品を高価買取中|美術品、絵画の買取はアートフラールへ

お問い合わせ / 買い取りフォーム LINEでのお問い合わせ

名和晃平作品を高価買取中|美術品、絵画の買取はアートフラールへ

名和晃平作品を高価買取中|美術品、絵画の買取はアートフラールへ

2021/05/22

作品の保存(保管)について②

草間彌生「月食」

今回は、絵画や版画などを

箱に入れて保管しておく時の注意点を

中心に述べていきたいと思います。

作品を入れる時の箱の一例(①左:段ボールの差し込みケース、②右:布のタトウ箱)

絵画や版画などを入れる箱は

上記写真のように

①段ボール製、と②布製が

一般的によく見受けられると思います。

 

①の段ボール製の特徴は、

長い年月が経つと劣化しやすいですが、

通気性があり、②よりは中に水分が籠りにくい

逆に

②の布製は、ベニヤ板や圧縮して強化した特殊紙が使われているため、

横からの力に強く外部からの保護、と

見た目の高級感はありますが、

密閉度が高く

中の湿気が出にくい傾向があります。

 

そのため、出し入れ無しに同じ環境(同じ部屋・場所)で長期間保管した場合に

②の布製タトウ箱の方が、カビやシミなどのトラブルが生じ易いようです。

これは、実際に買取に行ったときに何度か経験したことです。

 

軸と桐箱

また、保管場所で気を付けたいのが、

マンションの押し入れです。

コンクリートが固まるのに数年掛かると聞きます。

特に新しめのマンションの押し入れの中に閉まっておいて

久々に出したら、カビやシミが出ていたという話は聞きます。

 

また、前回も述べたように、

壁に結露が出る部屋や

お風呂からの湯気が直接当たる部屋、

梅雨や長雨時に湿気を帯びる部屋

部屋干しをしている部屋

などは避けた方が良いと思います。

 

このように湿気には特に留意ください。

 

また、高温の部屋(屋根裏)などに置きっ放しも、

絵具や保護材であるニス系の表面の軟弱化と

アクリルガラスの膨張による作品の接触により

作品へのダメージが生じることもあります。

ミロ

上記の点を注意しながら、

一番大事なのは、

毎年、晴れが続く春や秋に

箱から出して

虫干をしたり、

エアコンを掛けた部屋で

作品や箱の中に入った水分を除去することです。

 

このように、定期的に出して作品を触り、見ることで、

トラブルを早期に発見出来ます。

 

アートフラールでは、美術品・絵画の高価買取中です。

名和晃平はじめ、ロッカクアヤコ、ウォーホール、キースヘリング、アレックス・カッツ、カウズ、バンクシー、

白髪一雄、松谷武判、田中敦子、元永定正、篠田桃紅、ミッシェル・ドラクロワ等の作品を探しています。

美術品・絵画の売却をご検討の方、査定・見積もりだけでも御気軽にお問合せ下さい。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。