アートフラールでは、美術品・絵画の高価買取をしています。美術品・絵画の売却はアートフラールへ!

お問い合わせ / 買い取りフォーム LINEでのお問い合わせ

アートフラールでは、美術品・絵画の高価買取をしています。美術品・絵画の売却はアートフラールへ!

アートフラールでは、美術品・絵画の高価買取をしています。美術品・絵画の売却はアートフラールへ!

2021/06/04

作品の保存(保管)について④

マット焼けのサインと注意点

あるお客様から、作品の焼けのご相談を受けたことがあります。

 

上記が、その時の作品です。

確かに全体的に焼けた感じはしますね。

 

焼けには、

①「太陽や紫外線による表面焼け」と、

②「裏板などの木から出る酸焼けや、マットによる酸焼け

があります。

特に気を付けなければならないのが、

②の酸焼けです。

これは、支持体である紙などを酸化し劣化させてしまうからです。

 

紙が酸化して劣化が進むと、

ひどい時には、

触ったときに(破れるのではなく)

折れたり、粉々に砕けたりすることもあります。

マット焼けの特徴:マットとの境目にあたる作品に、上記のように濃い焼け線が現れます。

これは典型的なマット焼け(マットによる酸化)です。

作品とガラス面の間に使われる「マット」に

酸性の紙が使われてるために起こっているのです。

 

特に1990年代初頭までは、

マットに中性紙(正式には微アルカリ性紙)を使う!

という概念が希薄だったために起こってしまったのです。

*最近は、「マットは中性」の知識が広がっているため

殆ど中性マットが使われていると思います。

弊社は、「中性マット」だけを使っている額屋しか利用していません。)

 

「これは、洗いというより酸抜きをすべきですよ」

お客様に説明し、早速額を開けてみました。

写真をご覧ください。(詳細記載)

 

裏板と作品の間に中性紙が入れられているのですが・・・

(*中性紙は、裏板から出る酸を作品まで行かないようにする為に使われます。但し、湿気が多いところだと湿度を含みやすい欠点もあります。)

かなりの年数(20年とか)経っているのでしょうか・・・?

中性紙の裏面まで焼けが入ってしまってますね・・・。

その為、作品の裏面も多少酸焼けが出てます。

写真をご覧ください。 (詳細記載)

 

作品をマットから外してみました。

表面も酸焼けの症状が出ています。

ただ、幸いにも、

紙の劣化は

それほどひどくないように感じられました

 

何れにしろ

こういう酸焼けの症状がある場合は、

早めに、

しっかりした技術と経験のある修復師に

見てもらい、

適切に処置して貰うことが

その後の作品保存にとって、

大変重要です。

(*弊社では、何代も続く修復師の家系で培われた経験と知識に加え、科学的な新しい知識と技術も取り入れて

幅広い分野の修復に携わっている、信頼できるプロ中のプロの修復師さんと取引しております。)

 

洗い、酸抜き後の作品(表面)

マットとの境の太い焼け線も

奇麗に取れています。

洗い、酸抜き後(裏面)

昔のテープ跡は残っています。

恐らく、中性テープ以外が使われていたのだと思います。

それ以外はとても奇麗に仕上がっています。

当然、

紙に

毛羽立ちや劣化の症状はありません!

 

お客様にお見せしたら、

あまりの奇麗さにビックリされてました。

 

このように、

「気づいたら早めの対処」

がとても重要です。

 

アートフラールでは、作品保管中のトラブルのご相談も承っております。

また、

美術品・絵画の売却、お手放しのご相談も承っております。

弊社お客様がお探しの作品は特に高額査定の可能性大です。

美術品・絵画の高価買取はアートフラールに御気軽にご相談ください。

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。