奈良美智、ロッカクアヤコの作品を重点買取中|美術品、絵画の買取はアートフラールへ

お問い合わせ / 買い取りフォーム LINEでのお問い合わせ

奈良美智、ロッカクアヤコの作品を重点買取中|美術品、絵画の買取はアートフラールへ

奈良美智、ロッカクアヤコの作品を重点買取中|美術品、絵画の買取はアートフラールへ

2021/04/05

版画のエディション表記について②

アラビア数字によるエディション表記

ローマ数字によるエディション表記

一般的に皆さんが目にするエディションは

上記の「アラビア数字表記」、次に「ローマ数字表記」だと思います。

この「ローマ数字表記」の読み方(数え方)でたまに質問を受けますので

簡単に説明したいと思います。

 

C=100、L=50、X=10、V=5、I=1で、

基本は、大きい数字から列記し、尚且つ足し算します。

つまり、上記の写真は、

分子がXXIII=10+10+1+1+1=23

分母がXXV=10+10+5=25

と読みます。

 

ローマ数字によるエディション表記(別バージョン)

ちょっと見え難いかもしれませんが、

XCVIII/CL

と書かれています。

 

あれっ・・・?

さっきの基本「大きい数字から列記」にあてはまりません!

そう、分子の最初の大小が逆転していますね。(X=10、C=100、V=5、I=1、I=1、I=1)

この場合、逆転している所だけは( )で(大-小)の引き算になります。

つまり、

XCVIII=(100-10)+5+1+1+1=98

になります。

(重ね重ね、見え難くてすみません[汗])

上は、LIX/CLなので、

50+(10-1)/100+50 =59/150

です。

下は、XLI/CLなので、

(50-10)+1/100+50 =41/150

ということになります。

 

この2種類のエディションを通称で「レギュラーエディション」と呼んでいます。

 

長くなりましたので、他のエディションについては、また後日述べたいと思います。

 

美術品・絵画の買取はアートフラールへお気軽にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。